サイマー・ブラマチャーリヤ僧団

「ブラマチャーリが呼吸する息のすべて、ブラマチャーリの中で呼吸する細胞のすべては、神の、真我の、偉大なる自己のためのもの。ブラマチャーリの目的は、喜びは、献身の美徳はたったひとつ、『悟りへのセヴァ』です。」

サイマー

サイマー・ブラマチャーリヤ僧団は、サダナ(霊性修行の実践)に人生を捧げる終生の誓いを行った、献身的な弟子たちによって構成されている、サイマーの系統につながる修行僧尼です。

サイマーのプレゼンス(存在)とシャクティを伝える導管として、僧団のスワミ(高僧)、ブラマチャリーニ(修行尼僧)、ブラマチャーリ(修行僧)はサイマーの教えを生き、体現し、分かち合う聖職者として奉仕します。現在13名のメンバーが4つの大陸におり、プログラムを教え、スピリチュアル・コーチングを行い、人道支援活動を推進し、コミュニティを築き、世界中にあるサイマーの組織を支援しています。

ブラマチャーリたちの純粋さ、献身、規律を通じて僧団は世界中で光の意識を活性化させ、光として生きることの可能性を啓発する、エネルギーに満ち溢れた存在となっています。

僧団

パラマチャーリヤ・スワミ・パラメシュワラナンダ (スワミジ)

アメリカ・アリゾナ州 スコッツデール • 連絡を取る

20年以上前、マサチューセッツ州バークシャー地方のある町で自分の前に現れたサイマーを初めて見た瞬間、それまでの44年間の人生で感じたことのない愛を感じる。それ以前の2年間であらゆるレベルでの損失を経験してきた、心理学者、経営コンサルタント、そして父親であるスワミジにとって、この出来事は真の転機となりました。それ以降、神への絶対的帰依や献身を通じて精神的な道を歩む「バクティ」の実践者として、そしてスワミジの場合は敬愛するグルであるサイマーの弟子として、成功を収めてゆきました。

スワミジは2003年にサイマーとシュリ・ティルチ・マハスワミガル(アパジ)からブラマチャーリヤ(修行僧)として、その4年後にはサイマーとシュリ・サトゥワ・ババ・マハラジからスワミ(高位の僧侶)として、イニシエーションの祝福を授かる。また、サイマーのスピリチュアルな指導と教えを通じて、元々彼が持っていた教育、コーチング、執筆、フランス語、旅することへの愛を、より実践的に活かしてサイマー・ブラマチャーリヤ僧団の指導者・助言者として奉仕するかたわら、さらに世界中のサイマーのコミュニティで、2か国語で指導、コーチング、および精神的指針を提供できるようになる。

スワミジの執筆への情熱が一冊目の「In the Path of Light with Maa(『マーとともに、光の道をゆく 愛と変容の旅路』(日本語近刊))」から始まる5冊の本を生み出し、その全てが英語およびフランス語にて出版。スワミジについての詳細は、下記ウェブサイトおよびブログの記事とレコーディングを参照。 ウェブサイト: www.inthepathoflight.comブログ:www.insidetipsblog.com.


ラジェシュワリ・
ダスィ
ブラマチャリーニ

日本・東京

経歴連絡を取る

シュリー・デヴィ
ブラマチャリーニ

チリ・サンティアゴ

経歴連絡を取る

クリシュナ・ダス
ブラマチャリーニ

インド・ワラナシ

経歴連絡を取る

ラリータ・シュリ・
ダスィ
ブラマチャリーニ

米国コロラド州、デンバー

連絡を取る


アチュッタナンダ・
ダス
ブラマチャーリ

米国カリフォルニア州、
ベイエリア

連絡を取る

アーチャリヤ・
ダヤナンダ
ブラマチャーリ

イスラエル・テルアビブ

経歴連絡を取る

ジャヤンドラ・ダス
ブラマチャーリ

フランス・パリ

経歴連絡を取る

ジャナルダン・ダス
ブラマチャーリ

米国コロラド州、デンバー

経歴連絡を取る


アナンタナンダ・ダス
ブラマチャーリ

米国ペンシルバニア州、
フィラデルフィア

経歴連絡を取る

ティアガナンダ・ダス
ブラマチャーリ

米国コロラド州、デンバー

経歴連絡を取る

ジバナンダ・ダス
ブラマチャーリ

米国コロラド州、デュランゴ

経歴連絡を取る

スピリチュアル・コーチング

1対1で行うスピリチュアル・コーチングセッションでは、教えやアドバイスを個別に提供します。あなたが本来持っているスピリチュアルな潜在能力を発揮して生き、自分の真の本質を理解してしっかりと地に足をつけ、気づき、明確さ、叡智をもって人生の目的を達成できるようにします。

コーチを務める各ブラマチャーリは、自らの献身的な霊性修行の経験をもとに、包括的な霊的叡智のバックグラウンドに息吹を吹き込み、あなたの目覚めと変容の道に寄り添います。あなたのコーチは、無条件の愛、真の熟考をもって、あなたの進化に深く取り組み、あなたが望む意識状態になれるよう、あなたを力づけることに専念します。

このコーチングワークの基本原則は、あなたは愛と光の化身であり、光に満ちた人生を生きる力を持っている、ということです。しかし、そうした性質が、限定的な考え方、感情、気分、信念に覆われていると、その本質を体験できません

個々のセッションでは、あなたがより大きな気づきを育み、自分自身を知り、自己の修養を深めて、本来の自己を十分に表現する妨げとなっているものを変容し、引き上げられるようサポートします。セッションを通して得られる新たな見識、教え、ツール、慣習は、あなたが新たな選択をし、自分自身及び、自分の人生をこれまでとは異なる形で創造し、あなたの霊性の進化に影響を促すのに役立つでしょう

スピリチュアル・コーチングは、以下のようにあなたをサポートします。

  • 日々のサダナ(霊性修行)をより豊かなものにする
  • 限定的なパターンを変え、あなたの人生経験の内に持続的な変化を創造する
  • 経験を広げ、本来の霊的な本質を表現する
  • 霊的な側面から人生における困難に対処する
  • 行き詰まり、停滞した状態から脱して、情熱や活力を見出し、自分が望む人生を創造する
  • 日々の生活の中で意識レベルの上がった状態を経験する
  • 自分の魂の目的に沿って、自分の人生を選択し、行動する

45分間のコーチング・セッションはスカイプまたは電話で行われます。コーチングを希望するブラマチャーリと直接予約ができます。希望するコーチとセッションの種類を選び、お問い合わせください。

スワミジとのトランスフォーメーショナル・コーチング・セッション(変容のためのコーチング・セッション)の情報については、 スワミジのホームページをご参照ください。.

伝統と系譜


サイマーとスワミジ 2003年 インド・バンガロールのカイラシュ・アシュラムにて

ブラマチャーリヤとは?

ブラマチャーリヤは、サンスクリット語でブラフマンに向かう、あるいはブラフマンに至る、という意味に訳されます。ブラフマン(つまり、創造者、究極の真理、最高次の自己)の状態と一つになる、あるいは具現化する道を意味します。ブラマチャーリヤとは、聖なる自己の実現に完全に集中するために、自己の気づき、感覚、思考、行動を解放し、独身のまま禁欲的に自己修養に励む道のことです。

サイマー・ブラマチャーリヤ僧団にてブラマチャーリ(男性)またはブラマチャリーニ(女性)としてイニシエーションを授かると、彼または彼女は、独身、純粋さ、修養、グルへの献身について終生の誓いをたてます。僧団のブラマチャーリ、ブラマチャリーニは、外界にて広範な日常活動に携わることもありますが、個々の存在の内面では、常に自己実現を重視しています。

ブラマチャーリヤは、インドで数千年にわたり実践されてきた道です。そのため、イニシエーションを受けたブラマチャーリは、サイマーのスピリチュアルな系譜や僧院の伝統に加わるだけでなく、古来の伝統にも連なることになります。

サイマーの系譜

マーのグルであるサティア・サイババの天恵によりサイマーから生じた私たちの系譜は、聖なる母、秘教的伝統、インドの系譜から、そのスピリチュアル面での影響を受けています。マーとヒンズー教の僧侶が執り行う神聖な儀式を通じて、ブラマチャーリがイニシエーションを受けると、マーはそのブラマチャーリにこれらの系譜のシャクティ(聖なる女性性の創造的エネルギー)を注ぎ入れます。

神聖なる母

マーは神聖なる母、デヴィ(女神)の化身で、デヴィの根源的な聖なる女性性の創造的なエネルギーはすべての創造物に内在しています。マーの存在は、私たちの性別にかかわらず、内にあるこの聖なる能力を呼び覚まし、すべての存在が生まれつき持っている無条件の愛、思いやり、叡智をより良く表現できるよう手助けします。このため、マーの系譜やコミュニティでは、“Om Jai Jai Sai Maa (オム・ジェイ・ジェイ・サイマー) ”と挨拶します。これは、自分自身と相手の内にある聖なる女性性の存在を認めます、という意味です。

秘教的伝統

マーは偉大なる秘伝のマスターであり、何回もの過去生において人類の霊性を目覚めさせ、今日マーが具現化しているエネルギー、教え、叡智の強化に身を捧げてきました。マーはしばしば口にするのは、マーと共に、そしてマーを通して私たちの進化のために働いてくれているマーの“仲間”で、それはアセンデッド(昇天した)マスター、天使、宇宙的存在を意味します。

アヴァター〈神の化身〉の系譜

ハー・ホーリネス・サイマーの最愛のグル、聖なる父であるシュリ・サティヤ・サイババは、今世紀に宇宙から授かった偉大なアヴァターです。サイマー・ブラマチャーリヤ僧団は、サイババとサイマーの天恵や恩寵を通じてアヴァターの系譜を引き継いでいるものです。 この系譜は、神の化身であったシールディ・サイ・ババに始まり、その生まれ変わりとしてサティヤ・サイババへと受け継がれ、次にサティヤ・サイババの生まれ変わりとしてプレーマ・サイババがこれから出現し引き継がれていくものです。

ヒンズーの系譜

マーの系譜には、シヴァ神(純粋意識の化身であるヒンズー教の女神)の変容のパワーがとても活発にみなぎっています。マーが持つこのシヴァ神のエネルギーは、聖なる真実を揺るぎなく重視する姿勢や、あらゆるものの浄化と変容に向けた粘り強い取り組みに表れています。マーはまた、バクティ(神への絶対的な帰依)の実践で知られるビシュヌ神の伝統にも、溢れんばかりの献身と愛を常に捧げています。

サイマー・ブラマチャーリヤ僧団はまた、マーと親密な繋がりをもつ、多くの偉大なインド人グルからも祝福を受けています。以下は、彼らの叡智と古代の系譜へのイニシエーションを僧団に与えて下さる偉大なマスターたちです。

  • グルジは、サドゥー協会の一員で、敬虔なシヴァ神の信奉者です。ヒマラヤ中腹にあるグルジのビンサール・マハデヴ・アシュラムには数年前に公開されたパワフルなシヴァ・リンガムがあります。グルジはサイマーに対しても献身的であり、サイマー・コミュニティにとってはスピリチュアルな父親的存在です。
  • グルネイサンはシャブリ・タントラの実践者であり、ケララ州にある彼のアシュラムで、僧団の数名が系譜のイニシエーションを受けています。
  • シュリ・シュリ・シュリ・ティルチ・マハスワミガル(アパジ)はサイマーを聖なる母の化身として認識し敬愛しています。サイマーとアパジが、スワミジとダヤナンダへのイニシエーションを、バンガロールのカイラシュ・アシュラムで行いました。また、アパジはサイマーとサイマー・コミュニティにマリアンマの癒しのムルティ(神像)を贈ってくれました。神像はボディヴァストゥ財団とともに、ニューヨークのビッグ・インディアンに安置されています。
  • シュリ・サトゥワ・ババ・マハラジ(マハラジ)は、300年以降も続くサトゥワ・ババの系譜の継承者として尊崇の念を一身に集める聖人で、サイマーと自身を、ひとつの魂の一部でであるとして愛していました(ババは自身をアトミヤジ、サイマーのことをアトミジと呼んでいました)。マハラジはその存在とクリシュナについての教えをもって、サイマー・コミュニティに大いなる祝福をもたらしてくれました。マハラジとサイマーが、スワミジにスワミ(高位の僧侶)としてのイニシエーションを伝授し、同様に僧団の他のブラマチャーリのイニシエーションも行いました。サイマーに与えられた偉大な称号には2005年に贈られた1008マハマンダレシュワールと、2007年に贈られたジャガットグルがありますが、これはマハラジと、5000年の歴史を持つサドゥー(聖人)協会によって贈られたものです。サイマーに贈られたジャガットグルの称号ですが、ヴィシュヌスワミ・リニエージ(系譜・系統)の2700年の歴史において、女性に与えられたのは初めてのことでした。

アシュラムでの生活

2004年から2010年までの間、アメリカ合衆国コロラド州クレストンにはサイマーのアシュラム(僧院)がありました。多くのブラマチャーリたちがそこを生活の拠点とし、短期または長期のリトリート滞在者と一緒に過ごしました。

アシュラムでの生活はサダナ(霊性修行)、コミュニティ生活、セヴァ(無私の奉仕)が中核をなしており、その環境は牧歌的でマーの聖なる存在に満ち溢れていました。それは、居住者と来訪者、全員にとっての深い修練と学びと変容の時間でした。マーはアシュラムを閉鎖すると決断する前に、ブラマチャーリたちをマーの教えと世界規模での使命を遂行するための大使として世界中に派遣しました。

インドにおいて人道支援を始めとする様々な活動を提供するための拠点として、サイマーは現在インドの聖なる都市バラナシにアシュラム「サティヤ・サイマー・モクシャ・ダム」を建設中です。

Close (X)

ラジェシュワリ・ダスィ

日本・東京

すべての道はスピリットとともにある、ということを深く知るにつれ、あらゆるものの中に存在する調和に満ちた根本的な一体性を育みたいという希求を抱くようになる。経歴は多様で、幼少期より米国、日本、ドイツで生活。ホテル学校を卒業し、翻訳専門学校で学び、大手投資銀行のマネージャーとして勤務。5,000時間の研修を受けて様々なヒーリング様式を学んだ後に、転職。

複雑なコンセプトを実用的で実践可能な知識へとまとめ上げる才能に優れた、熱意あふれる指導者。肉体は目覚めとアセンションのプロセスのための重要な媒体であるという考えのもと、20年以上にわたりヒーリングとスピリチュアリティについての指導を行っている。Drunvalo Melchizedek氏に師事し、彼とともに「フラワー・オブ・ライフ」プログラムを日本に日本語で紹介。英国の整骨医Hugh Milne氏から「ビジョナリー・クラニオセイクラル・ワーク」において3年間弟子として、また整骨医Steven Weiss医師 (The Altar of Creation経営者)から4年間のプログラムにおいて研修を受けた。さらにエネルギー・ヒーリングについてRosalyn Bruyere氏から、また「コンティナム・ムーブメント」についてEmilie Conrad氏とSusan Harper氏から学び、その他さまざまなマッサージ手法、ボディワークも学んでいる。

過去15年以上にわたり、スピリチュアルならびにヒーリングの道の研鑽においてサイマーがその導き手として大いなる存在となっている。ブラマチャリーニとしてサイマーの使命に自身の人生を捧げており、現在東京で14歳の息子と一緒に暮らしながら、サイマーの変容のワークを日本人にもたらす役目を果たしている。サイマージャパンの代表として、国全体がより上昇し変容するというビジョンの下、サイマーの活動と教えを日本中に広めることに日々取り組んでいる。連絡先は reiko@sai-maa.com.

Close (X)

シュリー・デヴィ

チリ・サンティアゴ

幼少期からスピリチュアルの叡智に導かれ、5歳にして瞑想を学び、小中学校では瞑想、意識、ヨガ、アーユルヴェーダなど、ヴェーダ哲学を基礎としたカリキュラムの教育を受ける。この経歴を通じて、スピリチュアルな知識と実践の活用によって日常生活における経験を変容させるという、実用的なスピリチュアリティを確立。これを自身が行う指導の中でも重要な事項とし、瞑想、プラナーヤマ(ヨガの呼吸法)、自己覚醒ならびにエネルギーの統制といった古くからの実践法を提供して、より健康的で、安らかに、満ち足りた人生を送る方法を人々に指導している。

22歳の時、サイマーの愛に満ちた存在と深遠な叡智に人生を決定づけられる。一点集中の教えと修行の道に深い共鳴を覚え、2006年にブラマチャリーニとしてイニシエーションを受ける。以来サイマーのアシュラムにて長年過ごし、サイマーのパーソナル・アシスタント、若者向けプログラム、オンラインコースでの指導、米国、欧州、南米での個人ワークショップをこなしている。

チリ生まれのアメリカ育ち。サイマーの教えとグローバルコミュニティを新たな大陸に拡げるため、2014年にチリに帰国した。そして「VidAlineada」という組織を立ち上げ、より多くの人々がサイマーの普遍的な叡智に触れることに焦点を当てた実践カリキュラムを開発。チリとボリビア、さらにその他の国々でもサイマーのコミュニティにスピリチュアル・コーチングを指導、提供している。連絡先は shreedevi@sai-maa.com.

Close (X)

クリシュナ・ダス

インド・ワラナシ

愛と慈しみに基づく奉仕に自身の人生を捧げ、サイマーの人道活動プロジェクトをマネージメントしている。10代の頃からスピリチュアリティと、それが人間としての成長や自身を力づけることに役立つという関係性について探求を続けてきた。この強い関心と奉仕に対する情熱がひとつとなって、参加者に自己への愛と個人の力で生きていく力を与え、その考え方を支える実際的な教育を受けることもできる、人道活動プロジェクトに関与するようになる。

1996年以来、ヒーリングや、エネルギーというもののありように対する強い興味を抱くようになり、ボディワーク、エネルギー・ヒーリング、伝統中医学の形而上学的概念など、幅広いヒーリングの訓練を受けてきた。優れたプロジェクトマネージャーでもあり、オーストラリアや世界その他の国々で官民両セクターの大きなソフトウェア開発プロジェクトを監督。2007年にサイマーとサイマーの教えに出会い、1年後にサイマーのアシュラムに移り住み、2010年にブラマチャリーニとしてイニシエーションを受ける。

2013年、奉仕の精神とインド文化への愛に動かされてインドのワラナシへと移住。今日、インドにおけるサイマーの人道的活動の監督を担当し、その内容は女性自立支援センターや女性が安全に暮らせる場所の確保、貧困家庭の子どもたちのための学校給食プログラム、白内障患者への手術提供プログラムなどにわたる。連絡先は krishnadas@sai-maa.com。また、人道的活動に関する詳しい情報は www.saimaahumanitarian.org で提供している。

Close (X)

アーチャリヤ・ダヤナンダ

イスラエル・テルアビブ

ヘブライ神秘主義者にして聖なる母の信奉者であるダヤナンダは、私たちの本質である愛の恍惚状態の覚醒のためのワークショップとスピリチュアル・コーチングを提供している。22歳の時に、無限の愛と光そのものの創造経験をし、生涯にわたるスピリチュアル・ジャーニーを意識的に歩むようになる。25年以上にわたって、ヘブライとヒンズーの伝統からクリヤ・プラナーヤマやクリヤ・ライト・ワークなどのスピリチュアル実践の奥義を研究。2006年、サイマーから「アーチャリヤ」の称号とともにイニシエーションを受け、人々にスピリチュアルの世界へと迎え入れ、教え導く資格を得た。

サイマーと出会った際に、人類を癒す真の愛の化身、マザー・デヴァイン(聖なる母)であると即座に悟る。ダヤナンダは、「ハートは精神的理解を超えた状態であるスピリチュアルな目覚めへの入り口である」と説き、かつそれを体現してきた。20年以上もスピリチュアル・ティーチャーとして活躍し、幅広い年齢層と様々な文化の背景を持つ人々の師となり教え導いてきた。 イスラエルで太極拳とスピリチュアルな知識の指導を7年にわたって行ったことに始まり、さらにサイマー・マスター・ティーチャー、「ウィズダム・ティーチング・プログラム」の指導者、年間および週末コースのまとめ役、また「AWAKE」プログラムにおける青少年のメンターを務める。最近はテルアビブで「Shiviti Center」を設立し、「ヒーリング・ハート」、「現代の目覚めのための古代の叡智」ワークショップなど、スピリチュアル・コーチングとイスラエルや外国での最先端プログラムを提供している。連絡先はdayananda@sai-maa.com

Close (X)

ジャヤンドラ・ダス

フランス・パリ

世界をエネルギーとしてとらえる研ぎ澄まされた感性をとおして、人間の生命を定義し司るエネルギーのシステムを追求し指導している。太極拳の指導者として、動き、意識、瞑想のワークショップを提供し、五大元素を通じて我々の命を認識し悟る方法を紹介。20年以上サイマーに師事し、自身の人生が世界への奉仕という使命に変わるのを感じ、フランス、英国、ベルギー、アイルランド、ドイツ、米国、カナダ、タークス・カイコス諸島、インドを含む世界中で指導者として活躍している。

ブラマチャーリとなる以前は、人間工学、パイロット向け生理学的プロテクション、組織管理およびプログラム管理、先進技術を専門的に学んだ。そしてパイロットに始まり、技術および素材エンジニア、仏国立航空管理局のリーダーを経験。このユニークな知識をシステムと人の管理に活かしている。

現在は、ワークショップ、スピリチュアル・コーチング、エナジー・セッション、そして意識の覚醒を目的とした講義を提供している。モントリオールとパリの企業と協力して、エネルギーの中心となるものおよび五大元素に基づいた、リーダーシップとマネージメントへの独自のアプローチを提供。また、フランスに拠点を構えながら、オンラインコースならびに国外でのコースをフランス語および英語で開いている。連絡先は jayendradas@sai-maa.com.

Close (X)

ジャナルダン・ダス

アメリカ・コロラド州 デンバー

すべての行為を、人々への純粋な献身と奉仕の希求のもとに行う。この20年間、太陽エネルギーを家庭、事業所、学校に提供する職務を通して、再生可能なエネルギーの普及に従事してきた。愛と実践的学習への嗜好から、再生可能なエネルギーについて入手できる知識をすべて学び始め、天然素材およびリサイクル素材のみで作られた家「アースシップ」を建設。現在は、数多くの太陽光エネルギープロジェクト・コンサルティングのために世界中を駆け巡るかたわら、学童児童が自分の学校で利用されている太陽光エネルギーを知ることで再生可能なエネルギーについて学ぶきっかけとなるよう、実践的教育システムの開発を行っている。

サイマーとの出会いは15年前。その場で瞬時につながりを感じ、それが人生における導きと上昇の、絶え間ない根源であり続けている。初めて受講したサイマーのプログラムで、深遠なるワンネス意識の状態を経験し、自身の内にあるポテンシャルに目覚める。自身の悟りの道につなげるため、一点集中の信奉者を開拓したいという欲求に動かされ、2006年ブラマチャーリとしてイニシエーションを受ける。

サイマーへの奉仕である太陽光エネルギーの仕事でも、サイマーの叡智を伝える地道で親しみやすい活動でも、奉仕の精神を真に具現化した存在となり、グローバルな変容に取り組む。

Close (X)

アナンタナンダ・ダス

米国ペンシルバニア州、フィラデルフィア

大学生の時にサイマーと出会い、青春時代から人生の運命をスピリチュアルな目覚めに捧げるものへと方向づけられる。世界を探求し理解したいという好奇心から、大学では映画、金融、ヨガなどを含むさまざまなテーマを研究。やがて熟達したヨガ指導者となり、インストラクターを続けながら、刑務所、大学、小中学校でもクラスを提供した。

大学卒業後、コロラド州クレストーンに当時存在したサイマーのアシュラム(僧院)に移り住む。それから1年と経たずにインドのワラナシへの移住を決意、そこでサイマーの組織の活動をサポートしたいと考えるに至る。ワラナシには5年間滞在、若年層向けのヴェーダ学校に住み、サイマーのアシュラムでヤギャ(聖なる炎の儀式)や神聖なるプージャの儀式の運営を手伝う。2013年、インドのアラハバードにおけるマハ・クンバメーラでブラマチャーリとしてのイニシエーションを受ける。インドの人々の自然な信仰心、ワラナシのパワフルなエネルギー、そしてインド文化のスピリチュアルな叡智の伝統に感銘を受け、インドを真の故郷と感じている。

現在は米国に戻り、児童総合教育に関わる分野の研究を深め、経験を重ねている。青少年が自己認識とスピリチュアルな叡智を通じて自身を強固にできるような教育のシステムを開発したいという情熱とともに、次世代のリーダーを啓蒙するという使命を抱く。いずれはインドに戻り次世代の改革に取り組むインターナショナル・スクールを開きたいという目標から、目下、教育関連の訓練に没頭している。

Close (X)

ティアガナンダ・ダス ブラマチャーリ

アメリカ・コロラド州 デンバー

ティアガバイ(Tyagabhai)としても知られている、ティアガナンダ・ダス(Tyagananda Das)は11年以上もサイマー・ティーチャーとして活躍しています。数々のサイマー・グローバル・イベントのイベント・マネージャーとして、世界中の何百人もの聴衆に向けて講演してきたことに加え、ティアガバイは、サイマーから密に訓練を受けるという比類ない恩恵を受けました。彼の正真で情熱的な教え方(講義スタイル)は、彼に、様々な文化を超えた人々とのつながりをもたらし、人々に一生を左右する変容を、啓発し続けてきました。

ヒーリング・アート(人を癒す技術)の経歴とともに、ティアガバイは心理学の学士号と修士号を有しており、コミュニケーションと公衆演説の専門的な訓練を受けています。

Tyaga(ティ-ア-ガと発音)は、サンスクリット語で「すべてを神のために惜しげもなく手放す者」という意味があります。Bhai (バイと発音)は「兄弟」を意味します。

ティアガバイへは、こちらからEメールでご連絡いただけます。 tyagabhai@sai-maa.com  またウエブサイトはこちらです。www.tyagabhai.com

Close (X)

ジバナンダ・ダス・ブラマチャーリ

米国コロラド州デュランゴ

子供時代より「 敬けんな無神論者 」として育ち、また、大学においては物理学と数学を学ぶ。ジバナンダのスピリチュアル・ジャーニーはジャッジと制限の世界を通って実に遠回りの道を歩んだ。荒野で 危険にさらされている青少年として何年も生活しと仕事をしてきたこと、そして、殆んど垂直に近い切り立った崖で、高い技術を持つロック・クライマーとして数え切れないほどの日夜を過ごしたことが、彼自身のハートヘ向かうための独特な慈愛への道を発見することになった。彼が自身の内面で直面した数々の困難や人生での苦境、とりわけ恋愛関係を通じて、自分の人生を導き助けてくれる誰かが必要なのだと死に物狂いの状態で気づいた後に、ジバナンダはハー・ホーリネス聖者サイマーを紹介された。初めてサイマーに出会った後でさえ、この出会いが深遠かつ偉大なもので、その後の彼の人生を花開かせていくものであろうという確信に至るまでには時間がかかった。

コロラド州ボルダーにての吉兆な出会いの午後から10年を経て、現在、ジバナンダは輝く喜びに満ち溢れたサイマー・ブラマチャーリヤ僧団の一員となった。彼はサイマーのパーソナル・アシスタント、サイマー・ティーチャーの立場を含む様々な役割を担っている。また、ライト・レガシー・インスティテュートが行うパワー・オブ・パターンズ™ ・インテンシヴ(Power of Patterns™) の開発指導者でもある。 情熱をもった率直で気取らない、喜びや楽しさ溢れるティーチャーとして、彼のテンダーネスの慈愛や優しさのある、また現実的なユーモアもあわせ持つティーチャーとして生徒達と接している。

加えて、トランスフォーメイショナル・コーチ(変容のためのコーチ)として、クライアントのどんな人生や生活の側面であっても、質を高め、引き上げることを一緒に探していくワークも行なっている。最後になるが、 コロラド州デュランゴにおける、荒野のプログラムのための専任臨床心理士としてもジバナンダは活躍している。彼は経験豊かなヨガのプラクティショナーであり、高い技術を持つロック・クライマーであり、バック・カントリー・スキー(訳注:競技としてではなく、自然と触れ合うことを重視したスキー)の 熱心なテレマークで滑るスキーヤーでもある。ジバナンダへはこちらからご連絡いただけます。:jivanandadas@sai-maa.com.