最新情報

教えと修練方法

マハ・サラスヴァティー・ヤギャ

4月 7, 2015 • 教えと修練方法

ハリシュチャンドラ・ガート、ヴァラナシ インドにおけるスピリチュアルな首都ヴァラナシ。そこで聖なる母の夜の九日間であるナヴァラトリに加わることは、真に人生を豊かにする出来事です。連続して行われるそれぞれのヤギャは、高まる忘我の感覚であり、肉体で経験される一体性の自覚でもあります。この祭りの初日は、私たちの存在を開放し、私たちの未来の種をまくマハ・ドゥルガーの愛のパワーで始まります。4日目には、マハ・ラクシュミーが、彼女の恩寵をあらゆる隙間に注ぎ込み、私たちの性格と人生を変える特性や属性に水を与えてくれます。そして7日目、マハ・サラスヴァティーの出番となって、女神の温かなる慈悲心と知恵の光がすべての魂を祝福し、それぞれの魂の実現という究極の勝利へと私たちを導いてくれるのでした。 サラスヴァティーの深い庇護の下、ナヴァラトリは8日目を迎えます。それぞれの日に私は、聖なる母の神聖さに呼びかけて、女神の贈り物を人類に注がせる聖なる書物のサンスクリットの二行連句をベーダのパンディット(司祭)たちが詠唱する間、彼らと一緒に行動するという途方もなく大きな名誉を得ることができました。そしてそれぞれの日程で、自分の中のエネルギーが深化する感覚を抱いたのでした。このエネルギーは、聡明で活発であることから、シャクティと呼ばれています。シャクティは、私たちが純化、変容し、解放、拡張するために何が必要かを正確に知っています。まさにその状態で、私は身体性が薄らぎ始めると感じます。身体を作る物質の密度は、液状で電気的な感触に変わり、それはすぐに引き締まって明瞭になりますが、実際には非常に霊妙なものです。 この状態になじみがなかったり、自分自身が変容していることに気づく過程を知らなかったりする人にとっては、かなり狼狽させることになるかもしれません。火の儀式の前で1日に6時間座ることで、最も深い部分に存在する、忘れられて、見捨てられたエネルギーをかき回して解放することができるのです。変容は、いつも均質で楽しい感覚というわけではありません。最初の人格的な反応は、たいていは無意識のうちですが、「私に何が起こっているのか? 私を変えようとしているのは何なのか?」と問いかけることです。しかし、恐れの反応から受容の誘引へと認識を即座に変更することで、シャクティが私という存在のすべての層に浸透し、それを純化し得るのです。 パンディットの詠唱に焦点を合わせることで、私は自分の内的領域のさらに深いところにまで連れて行ってもらえます。その声は、私を文字通りに瞑想させるような音調の不協和音の中で、魅惑に満ちたものになります。私は、自分の注意を王冠のチャクラに集中させて、サンスクリットのマントラのさまざまな調子によって刺激されたそのチャクラの50枚の花弁を感じることができました。それは、あたかも巨大なハスの花が近づいてきて、私の脳を優しく愛撫するように掬うかのようでした。私は、自分のすべての細胞が、普段、慣れ親しんでいる周波数よりもずっと高い周波数で振動していることに気づきます。私はこうした高めの周波数を、より上等な等級の平穏と、可能性に満ちた内面の静寂として感得します。私はある面では、私が受けとめている周波数には、脳が理解できる程度よりもずっと大きな影響力があると実感しています。 炉火の炎がパンディットからのささげ物によって大きくなる中、私はその形と像が作られていくのをじっと見ていました。火は生きている実体である。サラスヴァティーと火の神アグニに祈りをささげる中で、古代の知識が現代において活かされる。聖なる母の惠みが、炉から参列者、スポンサー、地元の地域共同体を通して発散し、世界全体に拡がってゆきます。ヤギャは、私たち一人一人、そして私たちの地域共同体を変容させるための実に偉大な儀式なのです。 オム ジェイ ジェイ サラスヴァティー マー! ナヴァラトリでの三人の司祭(パンディット)のチャンティングを聴く 詳細

ナヴァラトリ・サダナ 第4日最終日:勝利の日

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月30日 9日間にわたるサダナ・集中プログラムが終わりました。私達の内面に起こった変化を認め、喜び祝う勝利の日がやって来ました。それは光と母性と愛の勝利です。ヒンズー神話全体に渡って、女神の祝福を受けた英雄たちが闇という敵を征服したときが勝利の日となります。私達という光を、母なる神に捧げた9日間のサダナを終えてまばゆく輝く光を、祝いましょう。 誘導瞑想 今日この日に私達全てに備わっている力強いシャクティをフルに体験するためには、スワミ・パラメッシュワラナンダ僧侶が録音したこの13分間の誘導瞑想(英語のみ)をダンロードして聴いてください。代わりとして、これまでの9日間に繰り返した毎日の練習を継続しても結構です。練習の最後に、自分自身と自分に与えられている全てものに対して感謝の意を捧げる時間も作ってください。 サイマーの教え 変容は勝利であり、栄光であり、無限大のシャクティの勝利であり、限りないエネルギーであり、偉大なる智恵とあらゆる知識への導入であり、母体であり、網目であり、フィールドであり、そうです!確かなもの・完全なるものであり、法であり、現実であり、すなはち、総じて崇高なるエネルギーのフィールドなのです。 これは愛の勝利であり、神の栄光であり、愛の炎であり、私達そのものなのです。私達はこの愛を流動させなければなりません。至福はその愛から生まれ、これが自由というものなのです。そこから私達は、自分の下に、中に、周囲に、上にある愛を知ようになるのです。愛、愛のみです。神、神のみです。常に神を飲み、食べる(体内に取り込む)のです。この物理的世界における完全なるもの。それを輝かせ、抱え込まずに光を放たせるのです。それはグルの恵みであり、栄光に輝くあの神聖なる太陽となるのです。神の華麗な姿は想像や言葉による表現をはるかに越えています。ですから私達は一致団結し、神の、そしてシャクティの栄光のために尽くし、さらに、人間性向上のために奉仕するという欲求と目的のために尽くそうではありませんか。私達も人間の一部ではないですか?他者のために与えるとき、自分にどんなに多くのものが与えられるのか。この他者への贈り物は私達の心を変化させ、そして神がそのお姿を現されます。その時に神の恩寵があなたに与えられるのです。神が常に私達を支え、愛が常に私達を支え、グルが常に私達を支えてくれるのです。 自分への問いかけ 最後の日も、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを記録してください。 自分にとって勝利とは何なのか?自分の中での勝利は何か?自分の人生における勝利はなにか? 1日1日が自分にとって勝利の日になりうるだろうか? 毎日の生活の中で、今まで以上に愛の勝利を積極的に表現できるだろうか? どうすればより頻繁にこの勝利に近づくことができ、それを自分の人生の中でどう表現できるだろうか? どうしたらもっと奉仕することができるだろうか? どうしたら見返りを求めずに与えることができるようになるだろうか? 詳細

ナヴァラットリ・サダナ 第3日目:マハ・サラスワティー

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月27日~29日 マハ・サラスワティーは、全宇宙の学問・知恵を司っています。マハ・サラスワティーは弦楽器を手に持ち、美術・音楽から教育・言語に至る知に関するあらゆる面を形成しています。スピリチュアルな知恵の具現化であるマハ・サラスワティーは、悟りを開いた精神状態を意味します。 毎日の練習 ナヴァラットリの第3日用に、サイマーのブラマチャリ(僧尼) が録音した、29分間の誘導瞑想をダウンロードして下さい。3月27日から29日まで、毎日この録音を聞きながらこの瞑想を行ってください。練習に最高な時間帯は早朝、その日の活動を始める前です。代わりとして、以下のマハ・サラスワティー・サダナを使っても結構です。 プラナヤマ:「火の呼吸」のプラナヤマを5分おこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使って、マントラをとなえる):オゥム・アイム・サラスワティエイ・ナマハーのマントラを唱えながら、ジャパを10分おこないます。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハ・サラスワティーの波動に浸る。 サイマーの教え エネルギー、知恵、全ての力であるブラフマーの女性版とされるサラスワティは、誠実な探究者には常にその知恵と知力を授けるでしょう。悟りのマントラであり、神聖な直接的対話において最強と言われるガヤトリー・マントラは、サラスワティに由来しています。彼女のシャクティは精神の本質を活性化してくれます。ブラマーは全ての知識の源だと言われていますが、サラスワティは知識そのものなのです。重ねて言いますが、サラスワティはガヤトリーの本質であるということを理解して下さい。「マハー・ヴィドヤ」という言葉をお聞きになったことがあるかもわかりませんが、ここでも、卓越した知識・超越的な知識であるサラスワティのことを表しています。ですから、強く望んで下さい。真のスピリチュアルな知識を強く求めてください。マントラを通して脳に素晴らしい能力を育てると共に、精神・知性も鍛えて下さい。 いつも聖なる気持ち、聖なる考え、また聖なる言葉で生活しなければなりません。言葉を発するときは、マハー・サラワスティ(会話の神様)と一緒でなければなりません。いつも神聖な愛の言葉を発することが必要です。 自己への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを記録してください。 私の思考は次のどちらに基づいているだろうか? 愛、それとも恐れ? 思いやり、それとも批判? 自由、それとも支配? 私は自分の内なる知識や知恵を見つけるために自分の心の中へ入り込んでいるのか? それともいつもマインドにはいって、他人や自分の環境を分析したり焦点をおいているのか? 自分はどのようなスピリチュアルな知識を求めているのか? そしてどのようにしてそれを見つけようとしているのだろうか? 真のスピリチュアルな知識に近づくために、自分はどのような教え、練習、ツール、又はリソースを持ち、利用しているのだろうか? 大抵の場合、自分はどのように他人と話しているだろうか? 愛と思いやり、それとも恐れと批判でもって話しているのだろうか? 愛情あふれ信頼のおける自分になるために、話をしている際、自分の言葉や口調、また身ぶりに配慮できるよう時間を割くだろうか? どのような違った話の聞き方をするだろうか? 今後どのようなパターンを変えていくのだろうか? 詳細

ナヴァラトリ・サダナ 第2日目:マハラクシュミ

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月24日- 26日 マハラクシュミは私達一人ひとりのために常に用意されている際限のない豊かさと繁栄を与えてくれます。金の飾りを身にまとい蓮の花の上に座したマハラクシュミは完全なるもの、そして命の荘厳な美しさを象徴しています。マハラクシュミ-のエネルギーに包まれたとき、私達に欠けるものは何一つありません。全宇宙は私達の創造物だからです。 毎日の練習 ナヴァラトリ 第2課程に入るにあたり、サイマーのブラマチャリ(僧尼) が録音した25分間の瞑想をダウンロードしてください。3月24日から 26日までの間、毎日この録音を聞きながらこの瞑想を行ってください。練習に最適な時間帯は早朝、その日の活動を始める前です。代わりとして、以下のマハラクシュミ-・サダナを使っても結構です。 プラナヤマ:「火の呼吸法」のプラナヤマを5分おこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使って、マントラを唱える):オゥム・シュリーム・マハラクシュミエイ・ナマハ のマントラを唱えながら、10分間ジャパをおこないます。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハラクシュミの波動に浸る。 サイマーの教え 女神ラクシュミはいつもヴィシュヌ神と共におり、宇宙を保持するというセヴァ(奉仕)のためにヴィシュヌに伴っています。ラクシュミこそ全てであり、全て、まさに、この世において必要と思えるものの全てを象徴しています。あらゆる側面について良い人生を求めるなら、マハラクシュミを崇拝することです。物質的にも精神的にも、繁栄と美と豊かさを手に入ります。調和こそ、ラクシュミの人類に対するセヴァです。だからこそラクシュミは大変愛され、崇拝され、そして愛情あふれる献身という恵みを注いでくださいます。 マハラクシュミは、光り輝いて優美な蓮の花の上にたたずみ、その姿は清らかさを象徴しています。マハラクシュミには4本の腕があります。ひとつの手には花を持ち、それは精神のあふれる豊かさ、心の清らかさ、そして美を象徴しています。もうひとつの手には本を持ち、それは知識と智恵、そして恐れを知らない心を象徴しています。さらにもうひとつの手の中には絶え間なく世の中に施し続ける無数の金貨が握られており、4つめの手には全ての暗闇を照らし出す黄金の円盤を持っています(その円盤は勝利と献身の力を象徴しています)。マハラクシュミを崇拝するとき、マハラクシュミの全ての資質が与えられます。それらはあらゆる形の富、健康、物質的な成功、恩寵、神聖な美しさ、神の愛、人生の繁栄、自由、モクシャなる解放です。これこそマハラクシュミの恩寵なのです。マハラクシュミのあふれる豊かさを敬うとき、同時にシャクティがもたらされるのです。 自分への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを記録してください。 自分のコップの中身は半分空なのか半分入っているのか? いつも自分の持っていないもの、足りないもの、欠けているもの、のことを考えているか、それともありのままの自分、人生で与えられているもの、実現し得るあらゆるチャンス、について感謝しているだろうか? 物質的なもの、金銭的なもの、既に持っているものに対する豊かさの意味を自分で制限していないだろうか? 自分が選択をする時や行動を起こす時、基準とする豊かさの条件(習慣的な思考パターン)は何だろうか? 今後、人生における豊かさについて、新しい選択をするのか?今回自分にとって最も大切なものは何か、それはどんな形をしているのか? 自分の人生においてこれらの最も重要な豊かさの形を実現されるには、自分の中で、或いは他の人々と共に取れる行動は何だろうか? 詳細

ナヴァラトリ・サダナ 第1モジュール:マハ・ドゥルガー

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月21日-23日 マハ・デュルガは私達に恐れを知らない心と強さをもたらし、私達の心の中に生まれる悪魔を抹消してくれます。私達は自分が作り出した、性癖やパターン、話の筋書き、愛着といったものの、わなにはまることがよくあります。マハ・デュルガという聖なる母は、カーリーという偉大な戦士の女神の姿で降りてきて、私達を錯覚から解放してくれます。意志と決意の象徴である獅子にまたがるマハ・デュルガは、行動に伴う愛の力を象徴しています。 毎日の練習 ナヴァラトリ 第1課程に入るにあたり、サイマーのプラマチャリ(僧尼)が録音した325分間の解説付き誘導瞑想をダウンロードしてください。3月21日から 23日までの間、その録音を使って毎日瞑想を行ってください。瞑想に最適な時間帯は早朝、1日の活動を始める前の時間です。代わりとして、以下のマハ・デュルガ・サダナからの抜粋を使っても結構です。 プラナヤマ:5分間の「火の呼吸法」のプラナヤマをおこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使ってマントラを唱える):オゥム・デュム・マハデュルガィエイ・ナマハ のマントラを10分、又はデュルガの象徴であるカーリーに対するマントラ、オゥム・クリーム・カリカィエイ・ナマハ を10分間唱えながらジャパを行います。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハ・デュルガの 波動に浸る。 サイマーの教え デュルガの一面であるカーリー、に関するサイマーの教え カーリーマータ(聖なる母カーリー)を崇拝することによって、悟りをもたらせてくれます。カーリーマータとシヴァ神は共に悟りへ導く力をもち、カルマを清め、クンダリーニを活性化させます。悟りを開きたければ、カーリーマータとシヴァのどちらか、又は両方を崇拝してください。シヴァはカルマを清め、カーリーマータは心を整えてくれます。カーリーマータの首に巻かれている頭蓋骨の一つ一つは人間の思考を象徴しており、カーリーマータはそれを食して首に飾ります。カーリーマータが頭を切るとき、それは限られた思考や心を滅却することを意味します。カーリーマータはエゴ(自我)つまりもって生まれた性格という人間の側面の上で舞い踊ります。カーリーマータの心は蜜のように甘く、優しく、柔和です。カーリーマータは弟子に対して非常に情熱を持って向き合い、毅然と尽くします。私達の常に揺り動いているマインドや心を中心におさめてくれます。カーリーにチャンティングしてください。胸と体を開けば、癒しがすぐにもたらされます。オープンになってください:開放への鍵は私たち自身の中にあるのです。向き合いたくないエネルギーが向かってきた時、それに挑戦して向かっていきましょう。 自分への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを書き留めておきましょう。 私は自分の思考、感情、エネルギーを意識しているだろうか? それらは愛情、それとも恐れに基づいているのか? 偉大なる自分、それともエゴ・自分の性格に基づいているのか? 自分自身に対して正直になろうとしているのだろうか? 自分にとってプラスにならないことを変えていくように行動を取ることに専念していないか? 自分のパターンを見つけ、自分の思考や感情やエネルギーをシフトさせることに真剣に取り組んでいるのか? 変容していく自分を受け入れて、愛することができているか? それとも自分を評価して価値のない人間だと批判していないか? 詳細

項目