最新情報

教えと修練方法

ナヴァラットリ・サダナ 第3日目:マハ・サラスワティー

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月27日~29日 マハ・サラスワティーは、全宇宙の学問・知恵を司っています。マハ・サラスワティーは弦楽器を手に持ち、美術・音楽から教育・言語に至る知に関するあらゆる面を形成しています。スピリチュアルな知恵の具現化であるマハ・サラスワティーは、悟りを開いた精神状態を意味します。 毎日の練習 ナヴァラットリの第3日用に、サイマーのブラマチャリ(僧尼) が録音した、29分間の誘導瞑想をダウンロードして下さい。3月27日から29日まで、毎日この録音を聞きながらこの瞑想を行ってください。練習に最高な時間帯は早朝、その日の活動を始める前です。代わりとして、以下のマハ・サラスワティー・サダナを使っても結構です。 プラナヤマ:「火の呼吸」のプラナヤマを5分おこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使って、マントラをとなえる):オゥム・アイム・サラスワティエイ・ナマハーのマントラを唱えながら、ジャパを10分おこないます。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハ・サラスワティーの波動に浸る。 サイマーの教え エネルギー、知恵、全ての力であるブラフマーの女性版とされるサラスワティは、誠実な探究者には常にその知恵と知力を授けるでしょう。悟りのマントラであり、神聖な直接的対話において最強と言われるガヤトリー・マントラは、サラスワティに由来しています。彼女のシャクティは精神の本質を活性化してくれます。ブラマーは全ての知識の源だと言われていますが、サラスワティは知識そのものなのです。重ねて言いますが、サラスワティはガヤトリーの本質であるということを理解して下さい。「マハー・ヴィドヤ」という言葉をお聞きになったことがあるかもわかりませんが、ここでも、卓越した知識・超越的な知識であるサラスワティのことを表しています。ですから、強く望んで下さい。真のスピリチュアルな知識を強く求めてください。マントラを通して脳に素晴らしい能力を育てると共に、精神・知性も鍛えて下さい。 いつも聖なる気持ち、聖なる考え、また聖なる言葉で生活しなければなりません。言葉を発するときは、マハー・サラワスティ(会話の神様)と一緒でなければなりません。いつも神聖な愛の言葉を発することが必要です。 自己への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを記録してください。 私の思考は次のどちらに基づいているだろうか? 愛、それとも恐れ? 思いやり、それとも批判? 自由、それとも支配? 私は自分の内なる知識や知恵を見つけるために自分の心の中へ入り込んでいるのか? それともいつもマインドにはいって、他人や自分の環境を分析したり焦点をおいているのか? 自分はどのようなスピリチュアルな知識を求めているのか? そしてどのようにしてそれを見つけようとしているのだろうか? 真のスピリチュアルな知識に近づくために、自分はどのような教え、練習、ツール、又はリソースを持ち、利用しているのだろうか? 大抵の場合、自分はどのように他人と話しているだろうか? 愛と思いやり、それとも恐れと批判でもって話しているのだろうか? 愛情あふれ信頼のおける自分になるために、話をしている際、自分の言葉や口調、また身ぶりに配慮できるよう時間を割くだろうか? どのような違った話の聞き方をするだろうか? 今後どのようなパターンを変えていくのだろうか? 詳細

ナヴァラトリ・サダナ 第2日目:マハラクシュミ

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月24日- 26日 マハラクシュミは私達一人ひとりのために常に用意されている際限のない豊かさと繁栄を与えてくれます。金の飾りを身にまとい蓮の花の上に座したマハラクシュミは完全なるもの、そして命の荘厳な美しさを象徴しています。マハラクシュミ-のエネルギーに包まれたとき、私達に欠けるものは何一つありません。全宇宙は私達の創造物だからです。 毎日の練習 ナヴァラトリ 第2課程に入るにあたり、サイマーのブラマチャリ(僧尼) が録音した25分間の瞑想をダウンロードしてください。3月24日から 26日までの間、毎日この録音を聞きながらこの瞑想を行ってください。練習に最適な時間帯は早朝、その日の活動を始める前です。代わりとして、以下のマハラクシュミ-・サダナを使っても結構です。 プラナヤマ:「火の呼吸法」のプラナヤマを5分おこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使って、マントラを唱える):オゥム・シュリーム・マハラクシュミエイ・ナマハ のマントラを唱えながら、10分間ジャパをおこないます。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハラクシュミの波動に浸る。 サイマーの教え 女神ラクシュミはいつもヴィシュヌ神と共におり、宇宙を保持するというセヴァ(奉仕)のためにヴィシュヌに伴っています。ラクシュミこそ全てであり、全て、まさに、この世において必要と思えるものの全てを象徴しています。あらゆる側面について良い人生を求めるなら、マハラクシュミを崇拝することです。物質的にも精神的にも、繁栄と美と豊かさを手に入ります。調和こそ、ラクシュミの人類に対するセヴァです。だからこそラクシュミは大変愛され、崇拝され、そして愛情あふれる献身という恵みを注いでくださいます。 マハラクシュミは、光り輝いて優美な蓮の花の上にたたずみ、その姿は清らかさを象徴しています。マハラクシュミには4本の腕があります。ひとつの手には花を持ち、それは精神のあふれる豊かさ、心の清らかさ、そして美を象徴しています。もうひとつの手には本を持ち、それは知識と智恵、そして恐れを知らない心を象徴しています。さらにもうひとつの手の中には絶え間なく世の中に施し続ける無数の金貨が握られており、4つめの手には全ての暗闇を照らし出す黄金の円盤を持っています(その円盤は勝利と献身の力を象徴しています)。マハラクシュミを崇拝するとき、マハラクシュミの全ての資質が与えられます。それらはあらゆる形の富、健康、物質的な成功、恩寵、神聖な美しさ、神の愛、人生の繁栄、自由、モクシャなる解放です。これこそマハラクシュミの恩寵なのです。マハラクシュミのあふれる豊かさを敬うとき、同時にシャクティがもたらされるのです。 自分への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを記録してください。 自分のコップの中身は半分空なのか半分入っているのか? いつも自分の持っていないもの、足りないもの、欠けているもの、のことを考えているか、それともありのままの自分、人生で与えられているもの、実現し得るあらゆるチャンス、について感謝しているだろうか? 物質的なもの、金銭的なもの、既に持っているものに対する豊かさの意味を自分で制限していないだろうか? 自分が選択をする時や行動を起こす時、基準とする豊かさの条件(習慣的な思考パターン)は何だろうか? 今後、人生における豊かさについて、新しい選択をするのか?今回自分にとって最も大切なものは何か、それはどんな形をしているのか? 自分の人生においてこれらの最も重要な豊かさの形を実現されるには、自分の中で、或いは他の人々と共に取れる行動は何だろうか? 詳細

ナヴァラトリ・サダナ 第1モジュール:マハ・ドゥルガー

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

2015年3月21日-23日 マハ・デュルガは私達に恐れを知らない心と強さをもたらし、私達の心の中に生まれる悪魔を抹消してくれます。私達は自分が作り出した、性癖やパターン、話の筋書き、愛着といったものの、わなにはまることがよくあります。マハ・デュルガという聖なる母は、カーリーという偉大な戦士の女神の姿で降りてきて、私達を錯覚から解放してくれます。意志と決意の象徴である獅子にまたがるマハ・デュルガは、行動に伴う愛の力を象徴しています。 毎日の練習 ナヴァラトリ 第1課程に入るにあたり、サイマーのプラマチャリ(僧尼)が録音した325分間の解説付き誘導瞑想をダウンロードしてください。3月21日から 23日までの間、その録音を使って毎日瞑想を行ってください。瞑想に最適な時間帯は早朝、1日の活動を始める前の時間です。代わりとして、以下のマハ・デュルガ・サダナからの抜粋を使っても結構です。 プラナヤマ:5分間の「火の呼吸法」のプラナヤマをおこないます。 プラナヤマについてのリンクを読む。 ジャパ(マーラを使ってマントラを唱える):オゥム・デュム・マハデュルガィエイ・ナマハ のマントラを10分、又はデュルガの象徴であるカーリーに対するマントラ、オゥム・クリーム・カリカィエイ・ナマハ を10分間唱えながらジャパを行います。 ジャパに関するリンクを読む。 サイレント・メディテーション:15分間黙って座り、マハ・デュルガの 波動に浸る。 サイマーの教え デュルガの一面であるカーリー、に関するサイマーの教え カーリーマータ(聖なる母カーリー)を崇拝することによって、悟りをもたらせてくれます。カーリーマータとシヴァ神は共に悟りへ導く力をもち、カルマを清め、クンダリーニを活性化させます。悟りを開きたければ、カーリーマータとシヴァのどちらか、又は両方を崇拝してください。シヴァはカルマを清め、カーリーマータは心を整えてくれます。カーリーマータの首に巻かれている頭蓋骨の一つ一つは人間の思考を象徴しており、カーリーマータはそれを食して首に飾ります。カーリーマータが頭を切るとき、それは限られた思考や心を滅却することを意味します。カーリーマータはエゴ(自我)つまりもって生まれた性格という人間の側面の上で舞い踊ります。カーリーマータの心は蜜のように甘く、優しく、柔和です。カーリーマータは弟子に対して非常に情熱を持って向き合い、毅然と尽くします。私達の常に揺り動いているマインドや心を中心におさめてくれます。カーリーにチャンティングしてください。胸と体を開けば、癒しがすぐにもたらされます。オープンになってください:開放への鍵は私たち自身の中にあるのです。向き合いたくないエネルギーが向かってきた時、それに挑戦して向かっていきましょう。 自分への問いかけ 今日から3日間、以下の質問について考えてみてください。ジャーナル(日記)に自分の考えを書き留めておきましょう。 私は自分の思考、感情、エネルギーを意識しているだろうか? それらは愛情、それとも恐れに基づいているのか? 偉大なる自分、それともエゴ・自分の性格に基づいているのか? 自分自身に対して正直になろうとしているのだろうか? 自分にとってプラスにならないことを変えていくように行動を取ることに専念していないか? 自分のパターンを見つけ、自分の思考や感情やエネルギーをシフトさせることに真剣に取り組んでいるのか? 変容していく自分を受け入れて、愛することができているか? それとも自分を評価して価値のない人間だと批判していないか? 詳細

ナヴァラトリ・サダナ プログラムのご挨拶と準備

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

世界中のコミュニティの皆様へ この度は、私たちの内に存在する、聖なる女性の栄華と勝利を祝う機会に恵まれた事を心より嬉しく思います。 このナヴァラトリの時期は、私たちが自己実現の旅に向かい、その成果を押し進める、この上ない機会です。インド、そして世界中の何百万人もの人々が、母、そして愛、美、知恵、力、そして繁栄を含む、母の神聖なる資質に自分たちを捧げ、また自らに内在するこれらの資質を解き放つのです。個々に人が毎日行っている実践の力、そして、その結果もたらされる変容は、私たちが世界規模で集団として集中して没頭する事で、何倍にも膨れ上がります。 私たちは、自らの能力を内に注ぎ、内在する聖なる資質とエネルギー、即ち聖なる女性性の解放に向けた実践を行う事で、自分自身と自らの人生を再構築できるのです。今回、私は、9月25日から始まるナヴァラトリの10日間において、世界中どこにいようとも実践可能な、自己指導型サダナ・プログラムのご参加をお願いしたいと思います。オンライン上で無料提供される全プログラムは、サイマーの教え、指導付き瞑想、マントラ、そして自己問答に向けた質問集によって構成されています。当然、これらを含むその他の実践に対する私たちの傾倒に取り組み、また、どれだけの意識を持って集中・変容を実現するつもりなのかは、偏に私たち個人の責任の範囲となります。 これは、私たちの実践が、集合的な力を得て、その恩恵を得られるまたとない機会です。今後も、来年の春のナヴァラトリ、そして年間を通したヒンズー教およびその他の伝統に基づく祝祭日等における実践において、同様の機会が訪れます。私たち自身のサダナの一環として、可能であればコミュニティ総出となって、解放される日々の実践の力とエネルギーを強める事をおすすめいたします。喜び・実践・創造・集合、そして変容あるのみです! プログラム実践を通しての私たちの進化、そしてナヴァラトリの祝賀に向けた多大なる愛情と祝福をここに! 僧侶 スワミ・プラメシャワラナンダ  Swami Parameshawarananda ご参加される方は、本プログラムに向けた準備として、以下のいずれかの方法をご活用できます: 母の様々な化身を形取った画像や銅像等の聖なる品を含む、聖なる母の祭壇を作ります。例えば、サイマー、ドゥルガー、カーリー、ラクシュミー、サラスワティー、聖母マリア、観世音(花、ロウソク、クリスタル、果物や菓子等の供え物と共に)。 祭壇の前に座ることができる空間を作成します。自分の下に敷く座布団、また可能であれば、それを覆うアサナもしくはウール素材、着用するショール (これらは、あなたの実践によるエネルギーを留めて、再びこの聖なる場所に戻るよう働きかけてくれます)も用意します。マーラを使用・着用していない時は、祭壇もしくは座布団の上に起きます。 実践している間、あなたの体験、熟考による洞察、自己問答に対するあなたの回答等を書き連ねた日記を残しましょう。 朝は最低でも30分間、個人で瞑想する、もしくはCDやDVDによる瞑想を行い、日中は自身を顧みて日記を残す為に20分を割きましょう。 10日間に渡って、自分の内に築きたいもの、また実践・集中・傾倒を通じて人生において築きたいものが何かを設定しましょう。これらの意向を見て、感じて、経験する事で、これらをあなたにとって明確かつ現実味のあるものにしましょう。 詳細

ナヴァラトリ、サダナを深めるひととき

3月 15, 2015 • 教えと修練方法

3月21日から、聖なる母のパワーと天恵を祝う、秋の9日間のナヴァラトリが開始され、10日目のヴィクトリー・デー(勝利の日)で完了します。おもにインドでお祝いされる祭日です。 ナヴァラトリの9日間には、聖なる女性性の資質が地上に強く活性化されるため、世界中どこにでも、私達がスピリチュアルな修行(サダナ)に励む、素晴らしい時期だと、サイマーは言っています。 ナヴァラトリになるとサイマーは必ず、聖なる母のエネルギーを使って、とてもパワフルな宇宙レベルのワークを行い、人類すべてが上昇する為の仕事をします。春と秋にあるこのナヴァラトリの崔述を機会に自分のサダナ(スピリチュアルな修行)に励む事ができます。この期間にサダナに深く入ることで、聖なる母の無限の愛を受け留め、この聖なる祝日の祝福をおおいに頂く事ができます。 自分のナヴァラトリのプログラムを始めましょう! ナヴァラトリの祝い方 ヒンズー教の伝統では、ナヴァラトリは、聖なる女性性、最高の創造の力をもつシャクティで、自分のサダナと礼拝を捧げます。特にドゥルガー神・カーリー神・ラクシュミー神、そしてサラスヴァティー神としてのシャクティに敬意を捧げられます。カーリー神は、凄まじい哀れみの力を通して、私達の不純な物やエゴからのゆがみを取り除き、内在する光と美しさを際立ててくれます。次の3日間は、繁栄、豊かさ、そして限りない美しさを象徴とする、ラクシュミー神に捧げられています。カーリー神のパワーによって清められた後、ラクシュミー神が私達の生まれもった権利である、スピリチュアルな富と、聖なる豊かさで、私達を満たしてくれます。ナヴァラトリ最後の3日間は、私達は、叡智と想像力と純粋さをサラスヴァティーに捧げます。ナヴァラトリの最後の日、10日目の勝利の日は、聖なる母の素晴らしい要素を通して、自分の中にある闇や恐れから解放された、栄光の道を祝います。 ナヴァラトリ・サダナ・プログラム(スピリチュアルな修行)3月21日〜30日 サイマーのプラマチャリー(僧尼)と一緒に、10日間のサダナ・プログラムに参加することで、自分の修行に対して、より深い規律と親愛の気持ちをもたらす為に、是非ご参加下さい。このプログラムは、4部門に構成されています。   一章にそれぞれ、サイマーからの教え、音声での誘導瞑想、マントラの練習のための音源、ご自身を内観するための質問集等が、用意されています。9月23日に最初のメールが送られ、プログラムが完了するまでに、合計4回メールが送られます。 下のリンクをクリックする事で、期間別で一章ごとにアクセスする事ができます。 第一章ドゥルガー・サダナ 3月21日〜23日 第二章 ラクシュミー・サダナ 3月24日〜26日 第三章サラスヴァティー・サダナ 3月27日〜29日 第四章 勝利の日 3月30日 詳細

項目