最新情報

活気ある生活のためのヤギャの省察

04/07/2015

儀式が始まる前から、興奮と美が自然と表出している。バラのある光景、祭壇の舞台装置である小さな美の表現が構築され、続いて唯一の神聖な体験への空間が設定される。

異なる分野を専門とする、さまざまな派のパンディット(司祭)たちが、ひとりずつアシュラムに入っていく。彼らはナヴァラトリで一堂に集まり、「聖なる母」の神々しい名前を詠唱する。

いよいよ、儀式が始まる。パンディットの詠唱は、世代を超えて受け継がれてきた霊的な英知を表現しており、彼らの声は神々しく響き渡る。パンディットは、天上と宇宙の一連の存在に呼びかけて祈る。その存在は、それぞれが比類のない完全なエネルギーそのものだ。宣言が世界に向けて発信され、純なる供物が捧げられる。

この活気ある生活のためのヤギャはパワフルで力強い霊気を帯び、パンディットたちがそれに乗じて叫ぶ。その時、そばにある住民用の変圧器などは吹き飛んでしまうほどだ!

夜になり、儀式が始まって6時間も経過すると、疲れて寝る準備をするころだと人は思うだろう。けれども、私がヤギャから去る時には、生命、エネルギーや活力に満たされているのだ! そこには清澄で、宇宙の風呂にでも入っているかのような平穏があり、すべての迷いの思考や感情から浄化される。私は、情熱、帰依、神への思慕、謙虚、そして聖なる母への心の開放を体験する。

あなたも写真を通して、このパワーを体験してほしい。

ヤギャへの登録者は、パンディットたちが、自分たちのためではなく、私たちやその家族、さらには人類への恩恵ためにこの儀式を行っていることに感謝すべきだ。活気ある生活という贈り物を楽しんで!

聖なる母のパワーと清明さの顕在化に焦点をあてた儀式の最初の3日間が終わると、ラクシュミーの3日間が始まる。そこで私たちは、彼女の豊かさ、優美さ、威厳に呼びかけて祈ることになる。


ナヴァラトリでの三人の司祭(パンディット)のチャンティングを聴く

項目