最新情報

光の柱の瞑想法

12/21/2015

「瞑想はあなたのハートの中へと入り、 あなた自身のもっとも崇高な真理と出会うためのひとつの方法です」

– 〜 サイマー

20分間の瞑想方法

  • 大いなる存在と内なる光を呼び起こします(1分間)
    静かに座り、深い、意識的な呼吸を数回繰り返して意識を内側へと向けます。 確たる意図をもって、大いなる存在と光とをあなたの内部に呼び起こします。
  • “オーム”を6回唱えます
    マントラ(真言:聖なる音)である“オーム”を6回、唱えます。
    マントラの練習法はこちらLearn moreをご覧ください。
  • 静寂の中で1分間座り、光が拡張してゆくのを感じます
    リラックスし、自分自身の内部で体験しているものの中に、身を委ねましょう。 その静穏な状態から、光があなたを通して拡がってゆくのを意識します。
  • 自分自身を包むようにして光の柱を活性化させます(6分間)
    • 注意を向けながら呼吸し、ハートの中であなたの意識を拡張させてゆきます。
    • 意識を頭頂部に持ってゆき、ハイヤーセルフから光が降りてくるのを歓迎します。
    • 呼吸と意識とともにその光をあなたの肉体を通じて拡大させ、細胞が光で満ちて振動し始めるのを感じます。
    • 呼吸を続け、肉体を超えてサトルボディを満たしてゆくまで光を拡張させます。
    • 光をさらに拡張させて肉体とサトルボディを包んでいる光の柱を活性化させます。
    • 光の柱そのものとしてのあなたの統合性、力、清澄さを感じます。
    • 「私は光の柱である」という確信を自分自身の中に定着させます。
  • プラナーヤマ呼吸法を1ラウンド行います(2〜3分間)
    • 背骨をまっすぐにして座り、胸を開いて肩をリラックスさせます。
    • 親指で人差し指の爪を覆い残り3本の指をまっすぐに伸ばす“マハー・チン・ムードラ”を組みます。手のひらを上に向けて、膝の上に乗せます。
    • 目は閉じたまま、眉間にある「第一の目」に視線を向けて、下は上あごの上にくっつけます。
    • 腹部をへこませながら鼻から強く息を吐き、自動的に息が吸い込まれるようにします。ゆっくりと一定のリズムで始めて、徐々に呼吸を早くしてゆき、最後はできる限り早く呼吸します。
    • 2〜3分したら呼吸をリラックスさせて、自然な呼吸とともに静寂の中でゆったりとします。
    • プラナーヤマと「火の呼吸法」ついてはこちら をご覧ください。
  • 静寂の中で座り続けます(6分間)
    身体をじっとさせてリラックスし、内なる体験の中により深く身を投じます。マインドに様々想念が湧いてきたら呼吸に意識を戻すようにします。
  • クロージング
    意識を、あなたの内部と周囲にある、マーの存在に向けます。マーの深い、深い愛を感じてください。この神聖なる愛の空間の中、あなたの意識をさらに拡張させて地球を包むように拡がっている私たちグローバル・コミュニティの存在を想像し、感じてください。光の柱である私たちひとりひとりを結びつけて地球全体を包み込んでいる光のグリッドの一部としてあなた自身が脈動していることを感じてください。

項目